生命が循環する未来型菜園へ!
カンブリア農園

今年の12月は温かく

今年の11月から12月の気温は高めですね。

畑の野菜は、まだ成長しています。

本来、12月に入ると野菜の成長は止まりがちなのですが、

大豆がようやく枯れ、エビスグサはまだ残り、ツルムラサキはまだ種が完成せず、

マイクロトマトもまだあります。

11月9日の写真

12月11日現在

温かい時期が長いと、野菜は成長しますので、ありがたいです。

寒い冬がきて、夏の植物が枯れて、また、新しい生命が

誕生する準備の時間も欲しいところですけれども。

来年1月くらいから、少し畝を直して、令和2年の準備をしようかなというところです。

ツルムラサキの種取り、大豆の収穫、山ウドの株分けと、作業は12月中に

しておきたいところ。

協生農法を目指して、畑を管理していますが、2畝くらいの土地でも、葉野菜は

食べきれないほどあります。

長ネギ、島らっきょう、わけぎ、アサツキ、水菜、からし菜、小松菜、かつお菜、

ラディッシュ、大根、小蕪、レタス、春菊、正月菜などなど。

2畝足らずで、まだ3割くらいの生産量で、あと5割増しくらいの生産が見込める

だけでなく、これに果樹40本くらいが加わりますので、協生農法には本当に

未来を感じます。

もう、手狭になってきましたので、来年は新たな土地を求めていこうと思います。