生命が循環する未来型菜園へ!
カンブリア農園

じゃが芋の旬と植え付け時期と種類について

じゃが芋の品種と言えば、代表的なものは男爵とメークイーン。
一般的なスーパーで出回っているものは、だいたいがこの2つ。
しかし、じゃが芋の品種は日本に出回っているものだけでも、30種類以上はある!
そして、それぞれに個性があり、向いている料理も違ってくる。
だからこそ、自分好みのじゃが芋を探して、手に入れてみて欲しいと思っています!
まずはじゃが芋のことを簡単に説明します。
じゃが芋のルーツは、ナス科ナス属の多年草の植物。
じゃが芋自体は、収穫し忘れると、また、秋や翌春に芽を出します。
なので、じゃが芋の茎は枯れても、土の中でじゃが芋は生きています。
また、じゃが芋は花が咲きますが、まれに実をつけることがあります。
実の中には種が入っており、本来は、種で繁殖していたようですが、
現在は、栽培より、芋による繁殖をしていますので、実をつける必要が無くなったのだとか。
我が家では、じゃが芋が実をつけるのは1度しか見たことがありません。今年も見たい!
原産は南アメリカのアンデス地方。アンデスじゃが芋と呼ばれる、赤色の皮のじゃが芋は、
丈夫で、春と秋の2回植えることができ、農薬や肥料を使わない農法のような栽培にも
適しています。
じゃが芋は、色別だと、白色、黄色、皮が赤色、紫色、まだら模様など実に様々。
そして、食感に関しても、水気のある粘質、水分が少ない粉質、粘質と粉質の中間のものなど、
こちらも様々。
詳しくは、「じゃが芋の品種」で検索してみて下さい。今回は省略。
さて、我が家では、昨年のアンデスじゃが芋、タワラヨーデル、グラウンドペチカに続き、
さらに、タワラアルタイル彦星、タワラマゼラン、タワラ小判、タワラライスを投入予定。
じゃが芋だらけになりそう・・・。
そして、じゃが芋は、スーパーで売られているものは、大きなものが多いけど、実際には、
小粒なものもある。それらは、収穫し忘れると、忘れた頃に、再び芽を出す。
それを半年、1年と繰り返すと立派なじゃが芋となっています。
じゃが芋すら、雑草のようにそこら辺で適当に生えています。
今年も収穫し忘れたものや、昨冬の収穫した時に、1つを埋めておいたものが、これから
芽を出してきます。
今年もこの時期としては高温の日があり、菜花系の花が早く咲きそう。
そして、じゃが芋の植え付け時期が近づいてきました。
我が家では、だいたい3月中旬頃くらいから植え付けています。
そして、7月上旬くらいになると茎が枯れてきて収穫となります。
今年は植え付けが多いので、
急いで畑に向かわねば!!