生命が循環する未来型菜園へ!
カンブリア農園

春を待つ

早いもので、1月下旬ですが、畑を見てますと、2月中旬くらいかなという

感覚があります。

エンドウやそら豆の成長が良く、葉物野菜も、冬にかかわらず成長を続けています。

雪や霜、氷点下の気温がないですから、当然かもしれません。

今年は、エンドウを多めに蒔いています。

樹木が成長しているのと、昨年のエビスグサの枯れ木が残っているため、エンドウを

通常よりも多めに投入。そら豆も多めに育っています。

そら豆は、自家製豆板醤の貴重な材料。

舌が肥えている息子も、美味しいと太鼓判を押した、そら豆、米こうじ、

唐辛子、塩のみで作った豆板醤。

それはもう絶品!!市販のものは一体なんだったのか・・・。

ピーシェン豆板醤と肩を並べられるかな?

http://www.sannmei.co.jp/chen/pi_index.html

話がだいぶ逸れましたが、春の準備は着々と進んでいます。

2月になると、新たな果樹苗がやってきます。

レアな果樹たちですので楽しみにしています。

それでは、また。