生命が循環する未来型菜園へ!
カンブリア農園

美味しい食べ物と心身が喜ぶ食べ物

農薬や肥料を使わない、混生、密生の樹木を軸とした農を学び実践していて

思うことがある。

それは、心身が喜ぶ食べ物と美味しい食べ物とは違うということ。

 

心身が喜ぶ食べ物とは?

心身が必要としているもの。野生のもの。

味は良いものが多いが、全身が喜ぶ感覚があるものが多い。

あるいは、心身にエネルギーが補充されたような感覚になる。

手足が暖かくなる、元気になる、気分が上がるなど。

我が家のキンカン、菊芋を生スライスで醤油で食べてみる、大豆、若い菜っ葉、

花が咲く前のつぼみ野菜、山ビワ、山柿、ヤマモモなどもそうですね。猪肉や鹿肉なども。

 

一方、美味しいものはというと、人により好みは異なりますが、とても甘いもの、

複雑な味がするもの、白いごはん(僕的にはうるち米ともち米半々が最高。そこに押し麦や

もちきび、もちあわなどが入ると最高です)

心のこもった料理など。お肉で言えば、高級な霜降り肉、唐揚げなどもそうですが。

どちらかと言えば、満足感。満たされる感じ。

 

どちらの喜びもあればいいなと思います。心身が喜ぶもの。満足できて満たされるもの、

癒やされるもの。食べることが楽しいもの。感動できるもの。

個人的には、お酒の楽しみもありますが。

 

食べ物のことをあれやこれやと考えることなく(遺伝子組み換え、無農薬、無肥料、

有機栽培、自然栽培、オーガニックなど)食べることができるような世の中が

いいと思います。