生命が循環する未来型菜園へ!
カンブリア農園

自分がしたいこと

僕はどんな時でも、いついかなる時でも、やはり畑に足が向いてしまうと思う。
それほどに、栽培すること、植物を視聞することが好きなのだと思う。
果物の原種に近いもの、小さな山柿、山ビワ、小みかん、姫リンゴ、毛桃などにはワクワクしてしまう。そして、自分でも育ててみたいと思ってしまう。
すもも、桃、柿、みかん、キンカン、雑柑、ゆず、りんご、梅、栗、さくらんぼ、
木いちご、山桃、ユスラウメ、ジューンベリー、ブルーベリー、ブラックベリー、しゃしゃんぼ、フェイジョア、グミ、桑、イヌビワ、イチジク、山ぶどう、サルナシ、あけび、むべ、ざくろなどなど。木の実、果物コレクションしたいくらい。
たくさん育てて、必要としている人に提供したい。
野生のもの、野生と同等の栽培方法の果物や木の実がこれから必要になる。
スーパーやナチュラル系スーパーでも販売されていないから。
現代は病や身体機能の低下、維持できない事態が続発している。
生まれた時からの視力障害、アトピー、喘息、気管支炎、花粉症、低体温、歯並びの悪さ、冷え性、大人になってからの糖尿病、子宮の不調、高脂血症、虫歯の多さ、癌、臓器の不調など挙げたらキリがないくらい。
挙句の果てには、難病、認知症、精神疾患、難聴、白内障に緑内障、関節痛に腰痛ともう病気のデパートである。
今こそ、人間に本当に必要な食材というものを食べる時に来ていると思う。
食の乱れが身体の故障の原因だろう。