生命が循環する未来型菜園へ!
カンブリア農園

協生農法をしてみて思うこと

協生農法をしてきて思うこと。

それはスーパーに並んでいる野菜はごく一部ということ。

特に平地はその傾向が強い。地元の濃尾平野はそう。

上記の写真にあげた、ヤマウド、その他の山菜、

フキ、ワラビ、木イチゴ、ノビル等を探すのが難しい。

ツクシはまだあるけど、ノビルは近隣では見当たらない。

農薬のかかっていないヨモギを探すのも大変。

なので、ヤマウド、木イチゴ、ワラビは植えてみた。

そうしたら、ヤマウド、ワラビは食べられるようになった。

特にヤマウドは新芽を食べているが、これはスーパーで

売れない。鮮度が保てないから。

とても強烈な香りがするけど、野生的で五感を刺激してくれる。

時々は、こういう野生に近い状態のエネルギッシュな野菜を

補給したいもの。草を食べている感じもしますけど。

そういうことで今年も協生農法を広げていきます。

さあ、次は柵の設置。

ブラックベリーが柵を待っている。