生命が循環する未来型菜園へ!
カンブリア農園

ニンニクの栽培は簡単!

ニンニクは大きさにこだわらなければ、簡単に栽培することができます。
我が家の畑は2畝ほどですが、無農薬で無肥料のニンニクが100個以上収穫できています。
9月の中旬から10月の上旬にかけて、ニンニクを植えて、あとはほぼ放任状態。
草が多くなってきてニンニクの成長を邪魔しそうなら、草刈りをそっとするのみ。
果樹や樹木、草とともに、育つニンニク。
その味、香りは格別。収穫すぐものは、みずみずしくとても美味しいものです。
ニンニク丸ごと揚げ、パスタ、炒めもの、醤油漬け、冷凍保存などなど、
料理には欠かせないもの。
ニンニク4月頃から5月くらいまで、ニンニクの芽も食べることができます。
また、収穫したニンニクは、乾燥保存しておけば、9月に再び、種ニンニクとして
使うことができます。
冷蔵庫に保存したニンニクは、12月頃まではなんとか食べることができます。
醤油漬けの冷蔵保存ならば、半年位は大丈夫です。お試しあれ。
すりおろしての冷凍保存、皮をむいたままの状態での冷凍保存も可能。
ニンニクは料理には欠かせませんから常備しておきたいですね。