生命が循環する未来型菜園へ!
カンブリア農園

島らっきょうには失敗がない

協生農法を日々試していますが、島らっきょうは今や主力も主力。

それは、収穫した際に、3本くらいまたその場に植え直せば、1年もすれば

島らっきょうが10本以上に増えているからです。

雑草にも負けず、増殖能力も高く、多年草としても長年君臨する。

そして、生で食べればサラダ感覚でとても美味しい。

焼き肉のお供にもなります。島らっきょうの緑色の葉の部分も

パンチの効いたネギのようで楽しめます。

気が付けば島らっきょうだらけ。草のようなものですね。

ネギもいいですけど、島らっきょうは冷蔵庫に入れておいても長持ち。

薬味、サラダ、酢漬け、酢味噌で食べるなど、楽しみ方も様々。

夏が来るまでは島らっきょうが大活躍することでしょう。