生命が循環する未来型菜園へ!
雑記

農業への回帰

コロナウィルスが発生して、都市封鎖が行われるようになり、

様々な状況が変わりつつあります。

そのような中で、種の注文が増えているようです。

野口種苗さんに種を注文したところ、2週間かかって本日届きました。

経済、食料事情に影響が出そうで、グローバル化の危機を感じ取ってか

自分たちで野菜や穀物などを育てようという人が増えてきていると思います。

小麦、大豆等の自給率にかなり不安を抱えている日本。

これを機会に日本で食料を完全自給できるようになっていってほしいものです。

それだけではなく、すべての日本の食料が、人間にとっても、他の生物にとっても

良い方向に作用するようなものになっていって欲しいと切に願います。

人間だけが生き残る、人間が優先的に生き残るのではなく、

他の生命と共存できますように。

今こそ、そういうことを真剣に考え、行動をしていく時だと感じます。