生命が循環する未来型菜園へ!
自然農

なぜ、自然的な農をしているんだろうか?

振り返れば、自然的な農法を知り、家庭菜園で取り組み始めたのは、20年くらい前から

だろうか。

今も尚、家庭菜園に留まっているのは、農家として生きていく勇気や気力が

足りなかったからだろうか。

ようやくここに来て、新しい道に飛び出してみようかと考えていますが。

さて、なぜ自然的な農が好きなのだろうか?

最初に出会った川口さんの自然農の影響が大きい。そのまま自然農に踏みとどまることも

できたのだろうが、当時は自分の精神的なこと、内面のこと、親のことで抱えていたことが

あり、それをどうしても解決したくて、他の分野に飛び出していきました。

今思えばそれは逃げだったかもしれない。人間関係、親のこと、自分の仕事、生活、

様々なことから逃げ出したくて。

他の分野に行ったものの、自然的な農に関してはずっと続いている。

草、木、虫、小動物、鳥、微生物などに囲まれた環境、香りや温かみのある土、大地、風。

そのような環境がとても大好きで、そのような場所で収穫された食べ物は人間にとても

良いエネルギーを与えてくれることは直感で感じる。

そして、とにかく心地良い。

逆に言えば心地悪いものが多いこの社会。

出来る限り心地良く過ごしたいと思います。

だから、これからも自然的な農を続けることでしょう。

このような農をベースとして、医療、教育など他の分野のことも

理解出来るようになると思います。

世の中は混乱していますが、こういう時だからこそ、畑に足を運び

種を蒔きます。